Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://hamu329.blog29.fc2.com/tb.php/5-635a42bd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

死に神

深い深い森の中に、小さな赤い屋根のお家がありました。
この家には、17になるこの国のお姫様がいました。

お姫様は、もう、何年も病気で苦しんでおられました。

王様は、世界中の名医を集め、お姫様の治療を依頼したのですが、いっこうに良くなることはなく、いつしか、姫には悪魔がとりついているっと噂が立ち始めこの国で起こる全ての災いは姫がもたらしている、姫を殺せっとその怒りの矛先がこの、可愛そうなお姫様に向けられてしまったのでした。

王様も、お后様も大変心を痛め、この森にお姫様を隠すことにされたのでした。



ある、月の綺麗な夜のことでした。

お姫様が目を覚ますと足下に黒い背広を身にまとった若い男が立っているのが目に入りました。男はお姫様が目を覚ますと深々と頭を下げました。

男は、見習い期間を終えたばかりの新米の死に神でした。

「あなたをお迎えにまいりました。」

それで、お姫様は、もう自分は死んでしまうのだとわかりました。

「死に神様ですか?」

お姫様がゆっくりと言いました。

「そうです。あなたの命は今夜限りなのです。」

死に神はそう言って、お姫様の手をとりました。冷たい、冷たい手でした。お姫様の目から金色の涙がポトリと落ちました。その涙があんまり暖かかったので、死に神はその手を放してしまいました。

「悲しいのですか?」

死に神が聞きました。

「いいえ。さみしいのです。死の世界にはお父様もお母様もいらっしゃらない。それがひどく、淋しいのです。」

月がキラキラと輝きました。

「けれど、私はあなたを連れて行かなければなりません。」

死に神は、とても悲しそうな顔でそう言いました。

「死に神様、あなたが、連れて行ってくださるのなら、一緒に参ります。お別れはとても悲しいけれど、この苦しみからもようやく解放されるのですよね。どうぞ、死の世界へ連れて行ってください。」

そう言って、お姫様はキラキラと笑ったのです。その笑顔があまりにも眩しくて、あまりにも美しく、死に神はもう、お姫様の手をとることが出来なくなってしまいました。死に神は代わりにお姫様にとりついていた病魔の手をとりました。

「あなたが、おばあさんになった頃、また、お迎えにあがります。」

死に神はそう言って、病魔を連れ去っていきました。

お姫様がもう一度目を覚ましたとき。お姫様の体はとても軽くなっていました。お姫様は久しぶりに体を起こし、キラキラ輝く太陽を見ることができたのです。

死に神は、もう一度、見習いからのやり直しになってしまいましたが、ほんの少しの後悔もしてはいませんでした。

おしまい。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://hamu329.blog29.fc2.com/tb.php/5-635a42bd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

naoko

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。