Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変身

台風がすぐそこまで来ていた。

ベランダに置いていた水槽の水があふれ中に入っていた亀の亀吉がいなくなっていた。

恋人に振られ、亀にまで逃げられ、みきにとって、最低、最悪の日だった。

冷蔵庫を開けると、恋人の為に用意してあったビールが…

「最悪」

プシュっと蓋を開け、ドンドン飲んだ。飲まずにはいられない夜だった。


朝は、突然やってきた。

ベランダに入り込んだ雨水がキラキラと光り、みきの姿をうつし出していた。

あれ???

そこに映し出されているのは亀だ。亀以外の何物でもない。

何だかおかしくて、みきはけらけらと笑ってしまった。

ケラケラ笑う亀が水に映っている。

まだ、酔っぱらっているのか、夢なのか…どっちにしても現実ではない。こんなことありっこないのだ。ぼんやりベランダの下を見ると、亀吉がいた!みきは、ベランダから飛び降りた。正確には落ちた…

亀吉は、みきが声をかけるより先にすごいスピードで駆け寄ってきた。

「か、彼女可愛いね。」

なんて、下手な口説き文句。みきがあきれ顔で亀吉を見ていると、のっそりとみきの上に亀吉が乗っかってきた。

こ、これは、まさか…夢でもイヤだ…

「いやーーーーー」

気がつくと、みきは、亀吉の横に座り込んでいた。亀吉はきょとんとした顔でみきを見ている。


翌日、みきは亀吉を入れていた水槽より一回り大きな水槽を飼い亀吉ともう一匹、水槽と一緒に買ってきた亀を入れた。

「仲良くね」

別れた恋人を思うとみきの胸のはじっこは、まだ少しだけいたんだ。

けど、きっと、大丈夫。

きっと、頑張っていける。

そんな気がしていた。

空はすっきりと晴れ渡っている。

おしまい。

数年前に「変身」というテーマに沿って書き上げ、応募した作品です。見事落選(涙)しましたが、自分ではわりと好きだったので、ちょっとだけ書き直してみました。
スポンサーサイト

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

naoko

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。