Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お話の種

ぼくは、もう、ここ何日も誰とも話をしていない。

原因はコイツ。妹のさき。3歳になるさきはチビ怪獣だ。
僕の大事なものをドンドン壊す。
でも、みんなニコニコ笑っているだけだ。

僕がぷんぷん怒ったら
「お兄ちゃんなんだから」
って、僕が怒られた。

好きでお兄ちゃんになったわけじゃない。
こうなったら、ストライキだ。誰とも話してやるもんか。

「にいたん」

話しかけてきても、ぷんっとそっぽを向いてやる。

「にいたん」

握りしめていた何かを机の上においた。

「たね。おはなし。おはなしのたね」

さきはそんなことを言った。

お話の種?そんなものあるわけがない。

「にいたん、たね。」
あんまりしつこく言うから、つい、見てしまった。

「おはなしのたね」


きゃきゃっと笑ってチビ怪獣は行ってしまった。

「なんだよ。」
ゴミ箱に捨ててしまおうかと思ったけど、ちょっとだけ気になって、僕は、その種を庭に埋めた。

毎日毎日、水をあげていたたら芽が出てきた。
ママに言ったら
「すごいわねーーー」
っと褒めてくれた。

毎日毎日、水をあげていたら葉っぱが出てきた。
パパに言ったら
「すごいなぁ」
っと褒めてくれた

毎日毎日水をあげていたら、グングン茎が伸びて蕾をつけた。
さきにみせたら、キャキャっとよろこんだ。

毎日毎日、水をあげていたら、とうとう花を咲かせた。

もう、夏だ。

「なんだよ。」

それは、ひまわりだった。

「良く育てたねぇ」
ママが笑った。
「ホントだなぁ。えらいえらい。」
パパは、ポンポンっと僕の頭を撫でてくれた。
さきは、キャキャっと笑って僕に抱きついてきた。

僕はちょっと誇らしかった。

さきは、あいかわらずのチビ怪獣だ。

僕のものをドンドン壊す。

でも、ママは最近僕のみかただ。
「さきちゃん、それはお兄ちゃんのでしょ。」

さきは、きゃきゃっと笑ってわかっているのかわかっていないのか良くわからない。
でも、僕は、お兄ちゃんだから、ちょっとだけ我慢する。
スポンサーサイト

大きくしよう!

森の向こうに住む野ねずみちゅちゅは、リュックに荷物を詰め込んで、大好きなボールを持って旅に出ました。

まーるいまーるいボールをころころころころコロがしたら、ボールはちょっとだけ大きくなりました。

ころころころころコロがしたら、ボールはもっと大きくなりました。

ころころころころコロがしたら、ボールはもっともっと大きくなりました。

でも、お腹がすいてパクパクパク。

あぁ~おいしい♪

ころころころころコロがしたら、ちょっぴり汚れてしまったり、
ころころころころコロがしたら、ちょっぴりぬれてしまったり、
ころころころころコロがしたら、ちょっぴりかけてしまったり、

そんなときは、お日様の下かわかして、きゅきゅっと拭いてかけたところは埋めてみて、また、ころころころころコロがしてみました。

追記を表示

くまごろうさんのめがね

森を出てすこーし行ったところに、
緑の屋根のめがねやさんがありました。
めがねやさんの名前は「ごろう」さんっと
いうのですが、体が大きく熊のようなので
みんなからは「くまごろう」さんと呼ばれていました。 くまごろうさんは、どんなめがねでも作れると
森の動物たちの間でも評判で、その評判を聞
きつけたリスのルルとリリがくまごろうさんの
お店をのぞいていました。 めがねが必要なのはリリの方でした。リリは産まれたときから目が悪いため
に木にも登れないし、走り回ることもはちろん、歩いていてもつまづいて転んでしまうのです。もちろん、ルルや他のリスたちはそんなリリに手をかしてあげたりはしていたのですが、リリは悲しくていつもシクシク泣いていたのです。
「目さえよければなー」
ルルは泣いているリリの横でボンヤリそんなことを考えていました。

ある、晴れた日、ルルは森の仲間たちに「リリの目を良くすることは出来ないだろうか?」っと相談をしていました。すると、トンボのもーリーが「くまごろうさんにめがねを作ってもらったらとっても良く見えるようになったよ。」っと水色の
めがねを見せてくれました。
「くまごろうさんは、どんなめがねでも作れるらしいよ。」
他の仲間たちもそんなことを言いました。

ルルのお母さんは「にんげんは怖い動物よ。」っと、くまごろうさんのお店に行く個とを反対しました。
にんげんはルルも少し怖かったけど、くまごろうさんのめがねがあれば、リリは木にも登ることが出来るし、みんなと一緒に走り回ることも出来るのです。
だから、ルルはリリをつれてくまごろうさんの店へ行くことにしたのです。最大級の勇気を持って!

ルルとリリがくまごろうさんの店についたのは、太陽も沈みかけた頃でした。
くまごろうさんは仕事を終え、可愛い奥さんに肩をたたいて貰っている所でした。

ルルとリリに気がついたのは奥さんの方でした。
「まだ、お仕事は終わりではないようですよ。」
そう言って風のように笑い窓を開けてルルとリリを中へ入れてくれたのです。
くまごろうさんはジーーっとルルとリリを見て、フラフラ歩くリリをひょいっと持ちあげました。そうして黙ってリリに良くあう素敵なめがねを作ってくれました。

次の日、くまごろうさんの家の前にたくさんの木の実が置かれていました。
ルルやリリ、森の仲間たちからのお礼です。

リリは、もう泣いたりしていません。とびきりの笑顔で仲間たちと森の中をかけ回っています。

もし、森へ行くことがあったら、よーーっくまわりを見てみてください。
めがねをかけたリスがいたら、それがリリです。
もし、あなたが優しいにんげんで、ルルとリリとお友達になることが出来たなら、くまごろうさんが作ってくれためがねを見せてくれるかもしれませんよ。

おしまい。

ある日のできごと

ある日の出来事 セカセカセカセカ、イライライライラ。
愛ちゃんのお母さんは、お日様が昇る前に起きて、日が沈むまで働きます。
セカセカセカセカ、イライライライラ。
愛ちゃんのお母さんは向日葵みたいに笑うことも小鳥のように歌うこともしません。
セカセカセカセカ、イライライライラ。
お母さんはいつもそんなです。たくさん働いてお金持ちのになりたいのです。

追記を表示

運動会

もうすぐ、運動会です。
 朝、目が覚めて、今日もまた運動会の練習があるんだと思うと、太郎君のお腹はきりきりと痛みましした。

 太郎君は小学校3年生。3年間6位にしかなったことがありません。6人中の6位です。
「一生懸命走ればそれで良いのよ。」
お母さんは笑うけど、笑い事ではありません。
「ビリだって良いんだよ。」
 運動会っというとお父さんは何故だか張り切って一番前の場所をとり、一番後ろを走る太郎君をビデオに収めます。
 ビリで良いわけありません。
 一番後ろを走る自分のビデオなんて見たくもありません。
 太郎君のお腹はますます痛くなってきました。

 太郎君は、学校を休むと泣きました。けれどお母さんは学校を休ませてはくれません。
「ずる休みは駄目よ」
 仕方なく、重いランドセルを背負って太郎君は家を出ました。ところが、学校が近づくと太郎君のお腹はますます痛くなって足も動かなくなってしまいました。
 太郎君はくるりと向きを変え公園に行きました。公園には誰もいません。お腹ももう、痛くはありません。
「よーーい、ドン」
 誰もいないはずなのにどこからか小さな小さな声が聞こえてきます。太郎君はきょろきょろと当たりを見回してみましたがやっぱり、だーれもいません。
「よーーい」
 また、聞こえました。
 小さな小さな声です。
 太郎君が足下を見ると、蟻やキリギリス、青虫などが一列に並んでいました。
「ドン」
 コガネムシの合図でみんなが一斉に動き出しました。一番後ろにいるのは青虫です。
 太郎君はこの青虫を心の中で応援していました。でも、青虫は6匹中6位。太郎君はふーーーっと大きなため息をつきました。それに反応するかのように青虫はクイッっと顔をあげました。
「残念だったね。」
 太郎君がそう言うと青虫はコテっとひっくり返ってしまいました。
「大丈夫?」
「ちょっとびっくりしたもんだから…」
 のっそり起きあがりながら青虫は言いました。
「ボク、運動会なんて大嫌い!」
 太郎君が言うと青虫は不思議そうに太郎君を見つめました。
「ボクは好きだよ」
「6匹中6位でも?」
「順位なんてどうだって良いんだ。一生懸命走って、ゴールにたどり着いて、おまけに昨日より早くなっていたら!」
 青虫はそう言って笑いました。
「そうすると、今日もボクなんて100点満点!昨日よりちょっと早かったし、ゴールまで行けたし…」
 青虫の話はまだまだ長くなりそうです。

 運動会当日。
 お母さんは、おいしいお弁当を作ってくれました。
 お父さんは、いつものように早起きして場所を取りました。太郎君の番になるとやっぱりいつものようにビデオを構えました。
「よーーい、ドン」
 太郎君はやっぱり6位でした。
「来年は5位になれるさ」
 太郎君の肩に白い蝶々がとまりました。 
  
                                      おしまい

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

naoko

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。